聖書の学び

聖書の学び

Ⅰ列王記19:20(2024/07/03)

【19:20】
『エリシャは牛をほうっておいて、エリヤのあとを追いかけて行って言った。』
 エリヤから外套を掛けられたエリシャは、『エリヤのあとを追いかけて行』きました。あの大預言者エリヤがやって来て、外套を掛けたのです。聖徒であれば誰がこのような時に追いかけないでいられるでしょうか。牛のことを気にかけている余裕はありませんでした。もし牛に気を取られていれば、エリヤを追いかけることはできなくなるからです。この時にエリシャがどのぐらいの速度でエリヤを追いかけたのかは分かりません。かなり急いで追いかけた可能性も十分にあります。エリヤが通り過ぎて行った様子もどのようだったか分かりません。

 

『「私の父と母とに口づけさせてください。それから、あなたに従って行きますから。」』
 エリシャはエリヤのことを知っていたでしょう。またエリヤが外套を掛けた意味もよく分かったでしょう。このエリシャはこれからエリヤに付いて行くつもりだったはずです。何故なら、神がこのエリシャをエリヤの後継者として定めれておられたからです。しかし、エリヤはまず先に『父と母に口づけさせて』ほしいと願い求めます。この『口づけ』とは要するに別れの挨拶です。エリシャがこのようなことを願ったのは、人間的な感情からでした。健全な精神を持った人間であれば、このようなエリヤの願いを決して理解できないことはないはずです。ですから、これについて詳しい説明をする必要はないでしょう。エリシャはあまり気が進まなかったので、少しでも出発の時間を遅らせようとしてこう願ったのではありませんでした。エリシャはこれから行こうとする気持ちに満ちていた可能性が高いのです。しかし、行くにしても父と母に子どもとしての義務を果たしてから出発したかったのです。

Ⅰ列王記19:19(2024/07/02)

【19:19】
『エリヤはそこを立って行って、シャファテの子エリシャを見つけた。』
 エリヤは神からの命令を受けると、その命令の通りに行きました。エリヤが命令を受けた場所はホレブ山の場所です。このホレブ山から、エリシャの出身地である『アベル・メホラ』までは、北に極めて遠く離れています。この箇所では書かれていませんが、エリヤは恐らくこの『アベル・メホラ』まで行ったと考えられます。そうだとすれば、エリヤはエリシャのいる場所まで本当に長い距離を移動したことになります。エリヤが移動にどれだけかかったか想像もできないほどです。しかし、その移動の際における詳細は何も聖書で示されていません。ですから、その歩みについては何も分かりません。エリヤは、アハブの前を猛スピードで走ったように、この時もエリシャのいる場所まで猛スピードで走って行ったのでしょうか。これもここでは何一つ書かれていませんから、どうだったか分かりません。そうだったかもしれませんし、そうでなかった可能性もあります。しかし、どのように移動したにせよ、移動の時にイゼベルの危機があったのではないでしょうか。確かにイゼベルにまだエリヤは狙われていたはずですから、イゼベルに捕らえられる危機はあったかもしれません。そのような危機があったとしても、エリヤは神によりイゼベルの手から全く守られました。こうしてエリヤは『シャファテの子エリシャを見つけ』ました。エリヤは神の命令を受けてから、従順に聞き従ったのです。しかも、エリヤはすぐに聞き従ったことでしょう。何故なら、エリヤは『神の人』だったからです。ヨナの場合は、神の命令を守らず、自分勝手な道に進みました。

 

『エリシャは、十二くびきの牛を先に立て、その十二番目のくびきのそばで耕していた。』
 エリヤがエリシャのもとに行った時、エリシャは農耕をしている最中でした。神はエリシャがこのようにしている時、エリヤがやって来るよう定めておられたのです。その時のエリシャは『十二くびきの牛を先に立て、その十二番目のくびきのそばで耕してい』ました。これには明らかに象徴があります。これは「12」ですから、エリシャが選ばれていたことを意味しています。事実、エリシャはエリヤの後継者として神から選ばれていました。神は、エリヤにエリシャがこのように『十二番目のくびきのそばで耕してい』るのを見るよう全て調整しておられました。何故なら、エリヤは「12」の数字が何を意味するか知っていたはずだからです。この場面における「12」を無視することは決してできません。この時にエリシャは意味なく『十二番目のくびきのそばで耕していた』のではありません。

 

『エリヤが彼のところを通り過ぎて自分の外套を彼に掛けたので、』
 エリヤがエリシャ『のところを通り過ぎ』る際、エリヤは『自分の外套を彼に掛け』ました。これはこれからエリシャがエリヤの後継者となるからです。この『外套』そのものに何か特別な意味があったのではありません。この外套がエリヤからエリシャに移されることに大きな意味がありました。この外套の移行は、エリヤの職務がエリシャに移行することを示しているからです。この外套がどのようだったかは知らなくても問題のない事柄です。またエリヤがこの外套をどのような感じでエリシャに掛けたかも、知らないで構わない事柄です。

Ⅰ列王記19:18(2024/07/01)

【19:18】
『しかし、わたしはイスラエルの中に七千人を残しておく。これらの者はみな、バアルにひざをかがめず、バアルに口づけしなかった者である。」』
 エリヤは、前に自分だけがイスラエルの中で残されたと嘆きました。エリヤを中心の視点とする限りでは、確かにエリヤは自分だけしか残っていないと思えたのです。しかし、エリヤはイスラエルの全体を見ることができていませんでした。実はイスラエルの全体では『七千人』もの正しい者が残されていたのです。その『七千人』は『バアルにひざをかがめず、バアルに口づけしなかった者』でした。それ以外のイスラエル人たちは、バアルに膝をかがめ、バアル像に口づけしていました。これは紛れもない偶像崇拝の罪です。これほどの忌まわしい振る舞いがイスラエルに見られたというのは、何という悲惨さだったでしょうか。ここで言われている『七千人』とは、実際の数でしょう。つまり、この「7000」が単なる象徴数に過ぎないというのではありません。しかし、これは実際数であると同時に象徴性をも含んでいるはずです。何故なら、この数字は「70かける100」に分解できるからです。この分解から分かるのは、この『七千人』が霊的に恵まれた多くの強者だったということです。「70」は、ユダヤの議会が70の議席から成り立っていたことからも分かる通り、有力性を意味します。「100」は完全数10の二乗ですから、量か質またはその両方が完全また十分だったことを意味します。ですから、残された「7000人」は神の御前で霊的な有力者だったことが分かります。

 

 このように、いつの時代であっても、必ず正しい者が多かれ少なかれ残されているものです。エリヤの時代におけるイスラエルは極めて大きな堕落で満ちていました。このように悲惨な状態であったのにもかかわらず、そこには『七千人』もの正しい者が残されていたのです。エリヤ時代のイスラエルでさえこうだったのならば、尚のこと他の時代では正しい者が残されているはずでしょう。

Ⅰ列王記19:17(2024/06/30)

【19:17】
『ハザエルの剣をのがれる者をエフーが殺し、エフーの剣をのがれる者をエリシャが殺す。』
 ここで言われている『剣』とは、王権に基づく処刑また死刑命令のことです。パウロもローマ書13章で、権威という意味の剣について述べています。ですから、ここで言われている『剣』は実際の剣というより権威における処罰であると解するべきでしょう。これから『ハザエル』がアラムの王となります。この『ハザエルの剣をのがれる者をエフーが殺し』ます。『エフー』もこれからイスラエルの王となります。そして、この『エフーの剣をのがれる者をエリシャが殺』します。エリシャもこれからエリヤの後継者として正式に任じられます。ここで言われているのは、神の宣言です。神の言われることは全て真理です。ですから、この宣言はその通りになります。また、この箇所から、エリシャの預言者としての権威は王権に等しいことが分かります。何故なら、エリシャは王の処罰から逃れた者を殺すからです。エリシャのような預言者が持つ権威は、絶大な輝きを帯びているわけです。

Ⅰ列王記19:16(2024/06/29)

【19:16】
『また、ニムシの子エフーに油をそそいで、イスラエルの王とせよ。』
 エリヤは、『ニムシの子エフーに油をそそいで、イスラエルの王と』することもしなければいけませんでした。この時のイスラエル王はアハブであり、7代目の王でした。『エフー』はこのアハブから3代後の王であり、イスラエル10代目の王となります。神はこのエフーがイスラエル王になるのを望まれました。ですから、これからエフーがイスラエルの王となるのです。誰でも神の御心に定められていなければ、決して王になることはありません。このエフーも、もし神の御心に定められていなければ、イスラエルの王にならなかったでしょう。

 

『また、アベル・メホラの出のシャファテの子エリシャに油をそそいで、あなたに代わる預言者とせよ。』
 更にエリヤは、エリシャに油を注ぎ、自分の後継者ともするべきでした。このエリシャは『アベル・メホラの出』ですが、そこはヨルダン川の中央部分辺りから10kmほど西に離れており、そこから20kmほど南西にはティルツァが、30kmほど南西にはシェケムがあります。ティシュベからは30kmほど西に離れており、ヨルダン川を渡らなければ行けません。エリヤには後継者がいることもいないことも可能でした。神はこのうちエリヤに後継者がいるのを望まれました。その後継者として神は『エリシャ』を定めておられました。ですから、これからエリシャがエリヤの油注ぎによりエリヤ『に代わる預言者と』されるわけです。エリシャが油を注がれることからも分かる通り、任職のために行なわれる油注ぎは、王だけでなく預言者にも行なわれました。

Ⅰ列王記19:14~15(2024/06/28)

【19:14】
『エリヤは答えた。「私は万軍の神、主に、熱心に仕えました。しかし、イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、あなたの預言者たちを剣で殺しました。ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうとねらっています。」』
 神から先と同様のことを聞かれたエリヤは、先に答えたのと同じ内容で答えました。エリヤは以前と全く同一のことを言いました。つまり、これは繰り返しです。ここにおいてエリヤの状態また思いがまざまざと示されました。神はこのようことを確認するため、エリヤに2度同じことを聞かれたのでした。ここでエリヤが先と同じ答えをしていることから、エリヤが偽りを言っていないことは明らかです。何故なら、もしここでの答えが偽りだとすれば、先の答えにおける偽りと合わせ、エリヤは二重の偽りを語ったことになるからです。エリヤは神に対し、こういった偽りを語るはずがありません。ここでの内容は先に見た箇所と同じですから、また内容の説明をする必要はないでしょう。

 

【19:15】
『主は彼に仰せられた。「さあ、ダマスコの荒野へ帰って行け。そこに行き、ハザエルに油をそそいで、アラムの王とせよ。』
 エリヤの答えを確認された神は、エリヤが『ダマスコの荒野へ帰って行』くよう命じます。『ダマスコ』とは、イスラエル国の北東に位置する国の首都であり、そこはアラム人の国でした。ここに行くよう命じられたエリヤ自身はアラム人ではありませんでした。ここではエリヤに『ダマスコの荒野へ帰って行け』と言われていますが、これはエリヤがダマスコの地域にいたからでしょう。この『ダマスコの荒野』で、エリヤは『ハザエルに油をそそいで、アラムの王とせ』ねばなりません。この『ハザエル』こそアラムの王として定められていたからです。神の御心に定められた者だけが、このように国家の王となります。その時にエリヤが『油をそそ』ぐのは、王に任職するための聖なる儀式です。古代で新しい王となる時は、よくこのような儀式が行なわれていました。それは預言者や祭司といった高貴な存在の職務でした。この油注ぎは、王だけでなく、預言者や祭司が就任する際にも行なわれました。これは非常に重要で決定的な儀式でした。

Ⅰ列王記19:13(2024/06/27)

【19:13】
『すぐに外套で顔をおおい、外に出て、ほら穴の入口に立った。』
 この時のエリヤは『外套』を身に着けていたようです。この『外套』がどういったものだったかは分かりません。かなり新しかったとか、ボロボロだったとか、そういったこともここでは書かれていません。しかし、この外套については詳しいことを知らなくても、特にどうということはありません。エリヤは神の『かすかな細い声』を聞くと、この『外套で顔をおおい』ました。これはエリヤが神を強く感じたからです。何故なら、エリヤは堕落した罪深い被造物でしかないのに対し、神は偉大で聖なる御方だからです。つまり、エリヤは自分が感じた聖なる神に対し非常な恐れを抱いたので、どうしても顔を隠さずにいられませんでした。エリヤは『すぐに』顔を隠しました。これはエリヤが即座に神のことを感じたからです。そして、エリヤは『外に出』ます。これはエリヤが自分のいた場所から離れ、他の場所に移動したという意味です。それからエリヤは『ほら穴の入口に立』ちました。どうしてエリヤは穴の入口に立ったのでしょうか。これはエリヤがすぐにも隠れられるようにしたかったからなのでしょう。何故なら、人は恐れている時ほど色々と心配するからです。エリヤが心配していたのであれば、穴に入って隠れたいと願ったとしても不思議なことはありません。しかし、まだこの時のエリヤはその『ほら穴』に入りませんでした。

 

『すると、声が聞こえてこう言った。「エリヤよ。ここで何をしているのか。」』
 エリヤが穴の入口に立つと、神は先に言われたのと全く同じことを、またエリヤに言われました。意味なくエリヤに前と同じことを言われたのではありません。神はもう1度このように言うことで、エリヤの心の思いをますますよく確かめようとされました。1度だけより2度のほうが確認の度合いが強まるのは自然なことだからです。